1. ホーム
  2. JCprogramとは

JCprogramとは

JCprogramは診察室で生まれた化粧品です。
その誕生には、普通の商業用に作られた化粧品には無い、ちょっとしたドラマのような物語がありました。
日頃、ニキビ、肌荒れ、アトピー、乾燥肌等の患者さんを診ている皮膚科の医療現場。
そこには本当に、様々な肌トラブルに悩まれる女性が訪れます。
もちろん薬の服用や塗布で症状を軽減させることは出来ますが、スキンケアの良し悪しで症状にかなりの差が出てくることも確か。いくら真剣に治療を行っても、日々の化粧品で肌に負担をかける有害なものを使って、治療が無駄になってしまうということの繰り返しではまったく意味がありません。
そこで生まれたのが、自由が丘クリニックドクターズコスメティクスが提供する、「JCprogram」の原型となるものでした。

写真:JCprogramは診察室で生まれた化粧品です。

初めはクリニックの受付けで、診察の帰りに薬と一緒に渡される名も無い化粧品。
容器なども、他の塗り薬と同じようにプラスチックの白いカップに詰められただけの簡単なものです。

「今使っている保湿クリームの代わりに、これ、使ってみてください」
「クレンジングは今のままで良いけど、洗顔の時は試しに一度これで洗ってみてください」

勧める側の私たちも、初めはその程度の会話でした。誰もその時は、おそらくその化粧品を作った開発グループでさえ、それが病院の外に飛び出して商品となることなど考えてもいなかったでしょう。
しかし、そんな陽の当たらない運命にあった化粧品にも、ある時転機が訪れました。

治療に効果が現れ、本当ならもうクリニックに来る必要の無いはずの患者さんが、その名前も無い化粧品をこれからも使いたいと買い求めにいらっしゃったのです。
そしてそれは、一人や二人ではありませんでした。本来は治療や薬の補助として使っていたものが、美容には特に意識の高いクリニックの患者さんの心を捉えてしまったのです。これには正直喜びよりも、驚きのほうを強く感じたと、当時開発メンバーだったあるスタッフは語りました。そしてそれならば、これを本当に商品化してみようかという話が持ち上がり始めたのです。

化粧品製品化の問題点

写真:化粧品製品化の問題点

しかし、その化粧品を製品化するには、一つの大きな問題点がありました。
それはその化粧品が、本来は医療の補助として作られたものだったということです。

当時クリニックで販売していた化粧品は、基本的に医師が治療の一貫として患者さんに渡していたものでした。
つまり医師本人が、目の前にいる患者さんにまずは診察を行い、そしてその患者さんの肌を直接見て、その人の肌に必要な化粧品を医師自らが選んでいたのです。

製品化して世に送り出すとなれば、もちろんそんなことを続けるのは物理的に不可能。
つまり、医師の目の前という限られた空間を飛び出す「製品」という名の化粧品には、その肌トラブルに悩む誰にでも効果があり、そして誰がつけても安心な高い安全性を求められるということなのです。

もちろん、質を落とすことなど論外です。それではただの、世間に溢れるイメージやブランド名だけを売り物にする他の化粧品と同じになってしまいます。

医師だけではなく、様々な化粧品の専門家が集まり、試行錯誤の日々が続きました。
製品の効果は、弱められない。けれども、それは皮膚に対する専門家が居なくても誰にだって普遍的な安全性を約束する製品で無ければならない。この矛盾する2つの要素の前で悩みながら、開発チームは必死にその答えを探して日夜研究を重ね続けました。

JCprogramの誕生

写真:JCprogramの誕生

そうして生まれたのが、自由が丘クリニックドクターズコスメティクスが提案する、「JCprogram」です。

開発にある程度目処が付いた後も、私達はそれをすぐに一般の方々に販売することはありませんでした。あくまで院内においてのみ販売を行い、そしてお客さまの声を聞きながら少しずつ改良を重ねる。繰り返し繰り返しそれを行い、そして納得がいったものだけを一般の方々にお届けする。それが今も続く、「JCprogram」の基本理念でもあります。

おかげさまで、世に生み出された「JCprogram」という化粧品は、今年で遂に誕生から7年の時を迎えました。もちろんその間も、私たちは決して商品改良・開発の手を緩めません。かつて名前も無かった診察室の中の小さな化粧品は、こうしてようやく皆様の目に触れる機会を与えていただけることになったのです。

もしも興味が少しでもありましたら、是非一度JCprogramをお試しください。原材料にも効果にも、私達はこの製品に絶対の自信を持っています。なぜならそれは、私たちスタッフと患者さんの声の二つで磨き上げた、「診察室生まれの本当の化粧品」であるからです。

ご意見・ご感想、厳しいものも私たちはお待ちしてます。
その声をまた糧として、私たちは今後も自分たちの製品にさらに磨きをかけていきたいと思っております。

JCprogramの誕生

  1. 「皮膚の専門家」が作り上げた高機能スキンケア
    現場の診察室や施術室・カウンセリングルームで、毎日患者さんの肌を診ている、肌のことを知り尽くしたドクター、ビューティセラピスト、薬剤師…。様々な皮膚の専門家が集まり、「医療に根ざした美容」をコンセプトに作り上げた化粧品が「JCprogram」シリーズです。
  2. 低刺激
    もともとが皮膚疾患や、デリケートな敏感肌の人でも安心して使えるように作り上げた製品なので、お肌に負担をかけない優しい成分になっています。できるだけ天然由来の成分を使用し防腐剤等の量は製品の品質に問題が起こらない最低ラインに抑えられています。
  3. シンプルデベロープ(ワンプロダクト・ワンコンセプト)
    一つの商品に、一つの目的。
    例えば紫外線などの外的な要因でのダメージに対するなら、鎮静と保湿に必要な肌に優しい成分だけを配合する。加齢現象に悩む肌なら、エイジングケアに必要な成分だけを集中的に入れる。商品開発のコンセプトを明確にし、その一つを目指して作られた化粧品には余計なものが含まれる余地がありません。
写真:JCprogram誕生の場所

JCprogram誕生の場所

都会の喧騒を離れた、小高い自由が丘の頂上にその病院はひっそりと建っています。
目まぐるしく変わる都会の風景を眼下に、10年以上もの間その場所で変わらず、美を求めてやってくる女性を受け入れ続けるビューティースポット。それが自由が丘ドクターズコスメティクス誕生の地、そして「JCprogram」誕生の元となったクリニックです。

内・外・心に根ざした美

個人のクリニックとしては全国的にも特出した症例数と、その経験に基づいた確かな技術。
様々な分野で全国的にもトップクラスの経験と技術を持つスタッフが揃い、自由が丘という限られた場所であるにも関わらず、訪れる人は後を絶ちません。その評判が口づてに広まり、今では知る人ぞ知る美の殿堂として多くの芸能人や美のナビゲーターたちの間でも高い評価を受けています。
高度な施術設備と、他院には決して無い豊富なビューティーメニュー。それらは決して、単に収益効果を上げようと取り入れられたものではありません。
そこにはクリニックが目指す「内・外・心に根ざした美」という強い信念があるのです。
」は体の中からの健康。
」はいつまでも若々しく輝くような肌。
」は充実した、常に喜びを感じることができるゆとりある精神。

これら3つの一つでも欠ければ本当の美しさを手に入れることは出来ないと、そのクリニックに携わるすべてのスタッフは考えています。さらにそれら3つの充実は一瞬の間に達成されていつの間にか終わってしまうものではなく、「人生における全ての瞬間」において常に自分自身が満足できるものであり続けなければなりません。

だからこの場所では、常に新しい美の形が生まれてきました。

究極のビューティスペースを追い求める

写真:究極のビューティスペースを追い求める

マイナスイオンを部屋中に満たした無料のリラクゼーションサロンを作り、皮膚科やエステだけではなく美容内科や婦人科も併設。「美の健康診断」とも言えるエイジング相談やプライベートスペースで楽しめる岩盤浴など、それらはお客様の「外」だけでなく「内」や「心」の充実を達成したいと思うクリニックの、試行錯誤の末の結果です。
もちろん「外」に直接関わる技術面においても、それはお客様の声を聞きながら常に進化を遂げてきました。
卓越したスキンケア技術を持つ「ビューティーセラピスト」たちの職人的な技術と、それに自惚れない親しみ易い接客は、美容業界の中でも頻繁に話題に上ります。
医療部門の高度な技術は、特にボトックス注入などを見ると日本でも最先端の技術と症例数を誇るほどです。
女性の美をトータルにケアするという信念の元に様々な取り組みを行い、「JCprogram」という化粧品が誕生した日本最先端のビューティースポットは常に、その場所を訪れた全ての方の立場に立った、その人の人生そのものをサポートする究極のビューティースペースを追い求め続けています。

ページトップへ